MENU

HARG(ハーグ)療法の特徴・治療法

HARG療法は一歩進んだ育毛・発毛療法として人気が出てきている治療方法になっています。実は日本人の医師が開発した方法で、特徴として人の幹細胞に含まれているAAPEという細胞成長因子を育毛成分などと一緒に頭皮に直接注射などによって注入するという治療法になっています。この注入する成分については実はクリニックによって微妙に異なってきますので、全てのクリニックで同じ効果を得ることが出来るという訳ではありません。ただ、AAPEを注入することによって、頭皮で眠っている状態になっている頭髪の発毛組織気を呼び起こし、幹細胞を活性化させることが出来、さらに育毛や発毛に必要な成分を直接注入しているので、より効果的に育毛・発毛が可能になっているんです。HARG療法で起こり得る副作用は、実はない。と言われています。もともと注入されるAAPEは人が持つ幹細胞に含まれている成分なので、身体には負担がないんです。ただ、注射器などによって直接頭皮に注入するため、赤味が出てきたりかゆみが出てくるということは起こることがありますので、この点が副作用と言われることもあります。

HARG(ハーグ)療法のメリット・デメリット

育毛や発毛の分野では非常に効果が期待できるHARG療法ですが、メリットやデメリットはどのようなものがあるのでしょうか?まずメリットですが、90%以上の人に発毛効果が見られるという非常に効果が高い治療方法である。という点があります。また男性にも女性にも適用になる治療であることや、重篤な副作用があるということもない安全性が高い治療方法であるという点が非常に注目されているメリットになります。ではデメリットは?というと、実はHARG療法は非常に高い治療方法であるという点です。一回当たりの治療費用は80,000円~150,000円程度になり、この治療を5~6回程度は行う必要があります。その期間についても半年~1年とかなり長い期間になりますので、場合によっては100万円近い費用を支払う必要が出てくる方もいます。すでに毛母細胞など発毛組織自体が死んでしまっているという人は、HARG療法ではどうしても治療効果を発揮することが出来ないというデメリットもあります。がんの治療中の方もHARG療法は受けることが出来ません。また、注射などで頭皮に注入するため痛みがあるという点もデメリットの一つになります。

HARG(ハーグ)療法の効果・副作用

HARG療法の効果は、非常に高く、ハーグ療法を利用して、髪の毛が生えた人はたくさんいます。処方される薬がプロペシアなので、よく効きます。ハーグ療法を受けると、髪の毛がどんどん生えてくるので、自分に自信ができます。ハーグ治療を実施すると2ヶ月くらいで少し生えてくるのを実感し、6ヶ月くらいすると、確実に増えている実感が得られます。髪の毛の成長が促進し、頭皮の血流が改善されるので、男性型脱毛症はもちろん、女性の薄毛にも対応できる療法になります。髪の毛がしっかり太くなる効果があります。直接頭皮に有効成分を打ち込むので高い効果が期待でき、プロペシアとミノキシジルを併用します。ハーグ療法で実際に発毛した人は多く、ドクターが施術に関わっているので安心感があります。HARG療法については、副作用が気になるところですが、今のところHARG療法による副作用は報告されていません。副作用がないのは、HARG療法で使用される成分は、脂肪幹細胞を培養して、タンパクを濾過し、細菌やウイルス検査を行った安全性の高いものだからです。感染症のチェックもしっかり行われています。

HARG(ハーグ)療法でかかる費用

HARG療法でかかる費用は、HARG治療センターの場合、初期コストとして、120万円くらいはかかります。長期コストとなると、約半年間を 1クールとして、192万円くらいかかります。初期1クールが120万円で、年1回の治療 18万円×4回ということになります。1クールの治療終了後、発毛の効果が持続するようになっています。通院は年1~2回程度でOKということになります。AGA外来の場合、育毛メソセラピーや錠剤で治療することになり、初期費用は60万円くらいです。長期コストの場合、約半年間を 1クールとして、600万円くらいかかることになります。月に1~2回の治療を継続するのですが、治療を止めるとAGAの症状が進行する恐れがあります。HARG療法でかかる費用は、クリニックによって色々ですが、極端に安いHARG療法には注意しないといけません。治療費用が極端に安い場合、使用する薬剤が違っているか、有効成分の濃度が低い可能性があるからです。HARG療法は効果の高い治療法なのですが、確かな効果のある実績の高い医療機関を探す必要があります。HARG療法は毛髪再生医療なので、他の薄毛治療よりも発毛効果は高く、コース終了後は追加で治療を続ける必要がないです。

更新履歴